岡山県の花と産地をご紹介する「おかやまの花」 Okayama-Flower おかやまの花

http://home.oy.zennoh.or.jp/hana/
私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。JA全農おかやま

岡山県の産地の紹介です。

様々な花を生産しています。

 
 
勝山は、全国でも有数の切花クレマチスの産地です。数多くの品種を東京を中心に全国の市場へ出荷しています。 

まにわ 勝山

まにわ 勝山の写真

【まにわ 勝山の場所】

まにわ 勝山の場所を示す地図
 

生産情報

クレマチス

クレマチスはキンポウゲ科クレマチス属で、つる性(一部木立ち性)の植物です。 クレマチス(Clematis)の名はギリシャ語のKlema(巻きひげ、つる)から由来して学名がつけられました。 古くより茶花として女性に人気のある花として用いられてきましたが、最近ではモダンなイメージをもった花として、茶花以外にも洋花的な感覚で使われるようになってきている。 まにわ勝山は、全国でも数少ない切花産地として多種にわたるクレマチスを栽培しています。

クレマチスについてはこちら
クレマチスの生産情報
【出荷本数】
約22万本
【栽培面積】
---
 
まにわ 勝山では、25種類の品種が生産されています。
  • アンナヘルマンの写真アンナヘルマン
  • ヴェスタプラッテの写真ヴェスタプラッテ
  • エトワールローズの写真エトワールローズ
  • カロラインの写真カロライン
まにわ 勝山で生産される品種一覧はこちら
 
クレマチスの写真
 
 
リンドウ

リンドウ(竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年生植物で、ササリンドウやエゾリンドウなどが全国の山野に広く自生し、爽やかさ、涼しさを感じさせる花として古くから愛されてきました。近年、従来の紫色だけでなく白や桃色、覆輪花などが育種され、切り花としての用途が広がっています。阿新、津山、まにわ、勝英等県北を中心に栽培が増えており、県北を代表する花として7月から10月にかけて地元中国地方はもとより関西地方にも多く出荷されています。

リンドウについてはこちら
リンドウの生産情報
【出荷本数】
少量
【栽培面積】
---
 
リンドウの写真
 
 
ソリダゴ

セイタカアワダチソウに似た黄色の小さな花が花序を作る花で、花粉は殆ど出ません。添え花として小さなブーケから会場の花まで幅広く使われます。  岡山県では蒜山の川上地区を中心に久世、美甘で6月から12月までの半年に渡り連続した生産が行われており、地元岡山を始め、関西、関東、広島、島根に幅広く出荷をしています。

ソリダゴについてはこちら
ソリダゴの生産情報
【出荷本数】
少量
【栽培面積】
---
 
ソリダゴの写真
 
 
カラー

 その純白の花色と清楚なイメージから結婚式などにも使われることの多い花ですが、花色の豊富な畑地性カラーと純白な花色の湿地性カラーがあります。岡山県では、県西部の美星地区で古くから地元に伝わる純白の湿地性カラーを用い、畑地で10cm以上の厚さの敷草と灌水を行う他県にはない独特の栽培方法で日持ちの良い切り花を生産し、県内市場はもとより関西市場まで出荷しています。

カラーについてはこちら
カラーの生産情報
【出荷本数】
約5千本
【栽培面積】
---
 
カラーの写真
 
 
 

おかやまの産地一覧

[1] [2]
 

笠岡

県南西部の県境に位置する笠岡では、バラ、ラークスパーお始め、ブプレ、ひまわり、アスター等花き栽培が盛んに行われています。

笠岡の写真
 
 
 

美星

星の郷、美星から花をお届けします!!

美星の写真
 

まにわ 川上

蒜山高原でソリダゴを中心に栽培!!

まにわ 川上の写真
 

倉敷

倉敷誠ハス出荷組合で花ハスの出荷を盆前に行っています。

倉敷の写真
 

阿新

標高の高さを生かし、リンドウを中心にトルコ、輪菊、小菊、ストック等を出荷しています。

阿新の写真
 
[1] [2]
 

ピックアップ産地

阿新

標高の高さを生かし、リンドウを中心にトルコ、輪菊、小菊、ストック等を出荷しています。

阿新についてはこちら
阿新の写真